魔法界へ里帰り

投稿日:

主くん、こんばんは。イリュだよ。

昨日のブログでミィスくんが言っていたように、しばらく魔法界に帰っていたんだ。

久しぶりの実家は、相変わらず賑やかだったよ。

ボクの両親は、ボクとは違って、とても賑やかで明るいんだ。

まぁ、人間界でいう「お父さん、お母さん」とはちょっと違ってるかもね……

 

ふたりともよく性別が変化するんだ。

魔法界でも性別を変化させるのは難しい魔術なんだけど、両親はそれが得意で。

寝る前はふたりとも女だったのに、起きたらふたりとも男に変わってたり、片方が男だったり、女だったり……もしくは無性別だったり。本当に色々なバリエーションがある。

ボクのこの性別の曖昧さは、両親のを受け継いだのかもね。

だから、ボクは両親のことを「お父さん、お母さん」や「パパ、ママ」とは呼んでないんだ。

親っていうよりも、友達みたいな感覚かな。

ボクにゲームと本の楽しさを教えたのも、両親だしね。

 

本といえば、最近は『ハウルの動く城』の原作を読んだよ。

この前、金曜ロードショーで映画を見たときに

「あれ? このシーンって一体どういう意味なのかな?」とか、色々な疑問が浮かんだんだ。

せっかくだから原作を読んでみたんだけど、とても面白かった。

原作のタイトルは『魔法使いハウルと火の悪魔』

姉妹編として『アブダラと空飛ぶ絨毯』と『チャーメインと魔法の家』が出版されている。

全部一気読みした。ほんと、本に夢中になると止まらなくて困るよ。

『魔法使いハウルと火の悪魔』を読んだら、映画でわからなかったことが「ああ! そういうことなんだ!」と解決したよ。

姉妹編もとても面白いから、主くんにも是非読んでみてほしい。

ボクのお気に入りは『アブダラと空飛ぶ絨毯』かな。

マホピピの曲で『ご主人様に捧げる魔法薬』っていう曲があるんだけど、その曲と同じ雰囲気で、ちょっと砂漠っぽいというか、アラビアンというか、そんなお話。

『チャーメインと魔法の家』が3作目なんだけど『ハウル』シリーズはそれ以外にもう出てないとわかったとき、ショックだったな。

 

本を読むのは、好き。

でも、読み終わった後の「もう続きが読めないんだ」っていうさみしさは

どうやったら消えるのかな……

主くんにはそんなさみしい思いはしてほしくないから、ボクたちはマホピピの音楽を絶やさないようにしたいな。

 

さて。今日のブログはこのへんでおしまいだ。

ボクたちにメッセージや質問がある主くんは、ぜひお気軽にマシュマロを送ってほしい。

主くんにとって明日がいい1日になりますように。

おやすみ、主くん。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中